小さな郷愁風景〜島根県の風景〜


鵜峠の風景 (大社町)







 
 古い町並本編「鷺浦」より東へ1kmほどの鵜峠地区にも、同様の古い漁港のたたずまいが残っている。集落内の道はますます細く迷路状で、車が入れる余地はなく、よそ者は安易に入り込めないような雰囲気がある。
 乱積みされた漁具や路地の情景は鷺浦以上の素朴さを感じさせ、漁村の原型を見る思いがする。

 (02.03.23)


宇津川の風景 (益田市美都町)




県西部の内陸部、2本の川が合流する小盆地的なところにひっそりと開ける宇津川集落。古くから小さな街道の合流点にあり、小規模な町場が発達していた。
 たたら製鉄や木炭生産で栄え、明治以降は養蚕や藺草栽培、畳表などが盛んだった。
 現在歩いても石見瓦の家々は重厚さが感じられ、また洋風の建物が残るなど古くからの町であることがわかる。

 (15.07.19)




一畑薬師門前の風景 (出雲市) 
 

 



 
 



 
 

 一畑薬師は島根半島の山間部にある禅宗の寺院である。平安期に遡る非常に古い歴史を持つ寺で、特に「眼の薬師さま」として有名であり、多くの参拝客がある。
 門前には小規模ながら土産物屋街があり、それらは昭和の雰囲気が色濃く、古い町並的な独特の佇まいを見せている。
 大口の団体客も多く訪ねていた頃は賑わっていたのだろうが、現在は閉店している店舗も多く、うら寂しさが漂う。

 (19.04.06) 

戻る