重要文化財の建物(7)

−旧脇本陣高草家住宅−

(岡山県矢掛町)


 岡山県矢掛町は旧山陽道が横断していたところで、中でも参勤交代時の宿として指定された本陣、脇本陣と呼ばれる建物が今でも残ることで知られ、その他の伝統的な建物とともに古い町並として見応えのある景観が今でも残っている。
 脇本陣とはいえこの高草家もかなり格式を感じさせる邸宅で、街道筋に面し間口の広い入母屋の母屋、そして土蔵と抜群の存在感を誇示するかの如くといった姿が印象的だ。
 
 
 つし2階の伝統を感じさせる母屋をみせる高草家住宅




  
一般に宿場町などの密集型の町並では間口より奥行が遥かに深い もともと広い間口だがそれ以上に縦長の敷地に多くの土蔵が配されている 






敷地内にある古木



一面海鼠壁の土蔵



横路地には土蔵の織り成す硬質ながら柔らかい風景もある



潜り戸の残る入口


 路地裏トップへ