重要文化財の建物

−旧篠原家住宅−

(宇都宮市)

 
 
現代的な駅前風景に不似合いともいう風情で現れる豪壮な篠原家
 

 
 宇都宮駅から程近いところ、交通量の多い街路に面して周囲とは不釣合いな古い建物が残る。重厚な屋根に漆喰に塗り込められた二階部の扉、塀に囲まれた敷地内に土蔵も見える。
 明治28(1895)年建築というこの旧篠原家は、江戸時代から醤油醸造や肥料商として財力を蓄えてきた旧家で、宇都宮城下の東の端、奥州街道に接する位置に立地しており、明治には市内有数の商家となった。現在でも往時の商家の姿を残しているとして重要文化財に指定されている。
表通りに面してはわかり辛いが側面には大谷石が貼り付けられている。第二次大戦時に大規模な空襲に見舞われ、この地区も周囲が軒並焼失する中で主屋と複数の土蔵が焼け残っているのも、こうした耐火性に富み堅牢な構造であったからだろう。なお昭和39年街路の拡幅に伴い、建物は7mほど曳き家し現在の位置となっている。
 玄関を入るとまず眼に入るのが広い土間と帳場で、典型的な商家の造りであった。また二階には多くの座敷があり、中でも二十畳の広間は婚礼などにも使われたとのことで、その他賓客の訪れも多かったのだろう。一階から立上がる太い大黒柱、床の間の意匠などに豪壮さを感じられる。
 裏庭に出ると大谷石造りの三棟の蔵が印象的だった。一角では牡丹の花が綺麗に咲いており、広い庭園ではないが表通りの喧騒とは異なる落着きを感じさせてくれる空間であった。空襲により醤油蔵や米蔵などが焼失しており、それらが残っていればさらにその規模を感じさせるものになっていただろう。 
 




広々とした土間と帳場 古い看板も残る




二階の座敷 大黒柱が一階から貫いている




 
中庭の風景と土蔵 以前はこのほかに味噌蔵・米蔵などもあったという




中庭側から主屋を望む 一階妻部に大谷石が貼り付けられ、土蔵と同様の耐火性が保たれている


重要文化財トップへ