琺瑯看板 〜な・は行の看板(8)





「富士自轉車」 ブランド名をあえて旧字で表現することはよくあることだが、「販賣」といった文字も見えるのでもしや戦前のものであろうか

(熊本県山鹿市)
「ナショナル有線放送」 と書かれた琺瑯看板が木製電柱に打付けられている。この電柱が有線放送専用のものだったのか。珍しい琺瑯看板の形のひとつといえるだろう。

(新潟県佐渡市)




肥料看板の連貼りはよく見られるが、これだけ状態良く残っているのは最近では珍しい。
(奈良県五条市)
「ぼたん錦」 古典的な意匠の短冊形琺瑯看板。伝統的建造物群保存地区の「こみせ」に接して残っていた。

(青森県黒石市)


「ハウスカレー」 昔ながらの万屋的な店舗の二階部分に残っていた。

(青森県黒石市)

路地裏トップへ