山鹿の郷愁風景

熊本県山鹿市<街道集落・商業町> 地図 
 町並度 5 非俗化度 4 −灰漆喰の旧家が多く残る豊前街道の町−







豊前前街道沿いに残る山鹿の町並


 山鹿市は県の北部、菊池川が開析した盆地状の地形に町が開けている。東の菊池市にかけては穀倉地帯であり、また温泉地が多く山鹿もその例外ではない。
 江戸期より菊池川は水運に利用され、山鹿はその重要な拠点であった。流域の米は河口に集められ、大坂に送られた後標準米として全国に売り捌かれていた。また戻り荷として積まれたのは稲の害虫駆除に使われた鯨油をはじめ、石炭や綿などであった。
 また小倉城下から熊本に向かう豊前街道が通り、山鹿には宿駅が設けられていた。特徴を生かし、参勤交代を行う藩主の御前湯も用意され、一般の旅人の多くもここで温浴するのが楽しみであっただろう。また街道沿いには櫨の並木があり、和蝋燭も生産されていたという。
 旧豊前街道沿いには、灰色の漆喰(鼠漆喰)を塗り込めた古いつくりの家が所々に見られる。連続した個所は少ないものの、質感の高い町家がいくつか残っており旧宿場町らしい趣を感じさせる。
 毎年8月に行われる灯篭祭りが有名で、街道沿いには洋館風の灯篭民芸館もある。また、一角には明治時代からの芝居屋、八千代座も残る。このような遺構が残っていることで、古い町並としての価値は高まる。
 




明治より続く芝居小屋・八千代座




※2011年4月再訪問時撮影

旧ページ


訪問日:2001.09.24
(2011.04.29再取材)
TOP 町並INDEX